読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ichiroc subset

書きながら考える・考えをまとめる場所

この10年を振り返る

生活

この10年であった最も大きな変化は、家族ができ子供を持ったことだった。

10年前は独身でコンピュータとスキューバダイビングにのめり込んでいた。 ネットや本を夜遅くまで読んで眠たい目で会社へ行くことも多かった。

そんな自分が10年後には家族を持ち子供を三人授かって家まで買っている。 そして子供と一緒に21時には床について、翌早朝に自分の好きなことをやるのを楽しみにする朝型の生活スタイルが定着している。

10年間の状況の変化は非常に大きい。 何より大きいのが自分の選択や行動が自分以外の人間(つまり家族)の人生に影響を与えるようになったことだ。

仕事面では、10年前には職場ですでに技術的には優秀だと認知されていたと思う(そんな技術的な職場ではないのだけど)が、大きな実績みたいなものは何もなかった。 だから自分の技術的な自信と、周囲の信頼がいまいちシンクしていなくて、自分と周囲のギアが噛み合わず空回りしていたように思う。 当然悩んでいたし、それなりに行動してもがいていた。

そのもがきが良い影響を与えたのかは分からないが、10年間で(社内的には)大きいとされる仕事を実績として積むことができた。 周囲からの信頼も感じられるし、ある種の妙な責任感を感じるようにもなった。

しかし内心は未だ悩み続けていて、この年になってもまだ自分の生き方について迷いがある事に驚いている。 孔子によると「40にして惑わず」ということなのでタイムリミットもそろそろである。

10年間という時間は状況や習慣を変えるのに十分な時間だ。 次の10年で「天命を知る」ことができるように生きていきたい。